スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ


意外とコメントが多い『図書館幽霊奇譚』
コメント・感想ありがとうございます。

ここ最近の事件やなんかで思ったことを書いてみちゃいました。


毎度のことで、いつも書いているので、これもそうなんですが、
頭に浮かんだものを文章にしているので、元々設定があったり、こいういうのを書こうとして書いた物ではありませんでした。時期が時期だったので、こういうのもアリかなという具合に、私の知っていることを含めて書いた物で、こういうこともやはりあるんですよね。というものなんです。

たぶん、ですが、昨年もそういう季節になったらこういう事を思い出して書こうかなって思った時もあったのですが、それが書いてないってことはそういう頭になってなかったんだと思います。

というか、空襲に関して言えば、原爆投下と終戦記念日がある8月以前で、どこかしこに落とされていたので、何月ってないんですよね。本当は。
有名所で東京とか大都市圏の大空襲ですが、地方都市もやはりあちこち空襲にはあってますし・・・。

私が以前見ていた夢もどこかの街の一角だったんでしょうし。
一人の子どもが浴衣だったので、そんなに寒い時期ではないのかもしれませんが、自分らしき人物が厚手のもんぺを履いていたので・・・いつの空襲かがわかりません。
でも、ちょっとまちっぽかったです。

リアルな話で、私の母の実家は炭坑の長屋だったのですが、炭坑に勤めていた人たちだけが暮らす集落だったので、街ではなかったんですね。でも、夢で見た所は住宅街だったので街のほうだったんじゃないかなと思ってます。

どこかを襲撃した後の残りのタマを適当に落として行くこともあったそうで、適当に落とされるから河原を歩いていたら突然落ちて来て慌てて逃げたという話もあるくらいです。これは・・・父だったか母だったかの体験談。

人がいるから殺すために落とすんじゃなくて、燃料がもったいないから軽くする為に落として行く
らしいんですね。これは父の談。
それで殺されても戦争なんで、文句は言えない・・・
理不尽ですが、それが戦争ってもんなんでしょう。


今自衛隊派遣についていろいろと議論されてますが・・・
やっぱり、議論している人にとっては自分が派遣される訳じゃないからなんとでも言えるんだろうなって思います。私も戦争は経験してませんから、そこまで踏み込んだことは言えませんし、だからといって、他国に踏みにじられていいとは思っておりませんがーーー

これが、日本がまた戦争に加担する国になってしまうのかと思うと寂しく思います。
人は利益に目がないから争うんでしょうし、争いがあるから需要が出て、お金が回るって言う人もいますが、人間宇宙にまで行くようになったのに、戦争とかに関しては昔のままですよね。

自分が自分がってみんなが我を通そうとするから争いが起こるのに。
誰かが勝つということは誰かが負けるということでーーー
負けると悔しいから報復するーーーの繰り返し。

頭がよくなっても、そこは変わらないんですよね。

殺人事件でも同じ理屈ですよね。
自分がって誰かが思うから他者を殺してまで我を通す。

死は生の反対ですが、生があるから死がありますよね。死なない生物は今の所いませんよね。
この地球もいつかは無くなります。

だから自然の摂理だって言われても、殺人や戦争って人間が起こしていることなんですよね。
他の動物は食べるためや種族保存の為に他者を殺しますが・・・
人間は自我のために殺しますよね。

人間ってことごとく自然の摂理から外れたがりますよね・・・
なんでなんでしょうね。
ま、外れたがっていても、自然の摂理から外れてないんですけどね。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。